Interview

クリエイティビティとは、
自然の中でこそ
発揮されるもの。

株式会社ルピシア 代表取締役会長兼社長

水口博喜氏

世界各国のお茶の専門店として知られるルピシアは、2020年7月に本社機能の一部をニセコ町に移転し、会長の水口氏も移住した。北海道の豊かな自然の中でのびのびと働く社員たちの姿に「もっと早く来ればよかった」と語る水口氏。地ビールや野菜茶など地元に根ざした新しい取り組みをはじめ、これまで困難とされてきた北海道での茶葉の栽培も視野に入れている。

  • 本社所在地
    東京都渋谷区代官山町14-23
  • 道内所在地
    北海道虻田郡ニセコ町字元町436-2
  • 事業内容
    世界のお茶・茶器雑貨等の輸入、製造・販売

ニセコでのライフスタイルに価値を見出したルピシアグループ代表の水口会長は、食品加工を担う株式会社ルピシアグルマンを東京代官山から「移住」させてしまいました。さらには、水口会長自身も東京にあった自宅を引き払い、夫婦ともどもニセコ町へ移住。ニセコ町が土地を用意し、子会社の本社移転とグループ代表の移住にもつながった企業誘致としては、過去にない成功例といえるかもしれません。水口会長のこの原動力は何だったのでしょうか?どうしてここで事業をしようと思ったのか、インタビューしてみました。ニセコでのライフスタイルに価値を見出したルピシアグループ代表の水口会長は、食品加工を担う株式会社ルピシアグルマンを東京代官山から「移住」させてしまいました。さらには、水口会長自身も東京にあった自宅を引き払い、夫婦ともどもニセコ町へ移住。ニセコ町が土地を用意し、子会社の本社移転とグループ代表の移住にもつながった企業誘致としては、過去にない成功例といえるかもしれません。水口会長のこの原動力は何だったのでしょうか?どうしてここで事業をしようと思ったのか、インタビューしてみました。

ニセコでのライフスタイルに価値を見出したルピシアグループ代表の水口会長は、食品加工を担う株式会社ルピシアグルマンを東京代官山から「移住」させてしまいました。さらには、水口会長自身も東京にあった自宅を引き払い、夫婦ともどもニセコ町へ移住。ニセコ町が土地を用意し、子会社の本社移転とグループ代表の移住にもつながった企業誘致としては、過去にない成功例といえるかもしれません。水口会長のこの原動力は何だったのでしょうか?どうしてここで事業をしようと思ったのか、インタビューしてみました。ニセコでのライフスタイルに価値を見出したルピシアグループ代表の水口会長は、食品加工を担う株式会社ルピシアグルマンを東京代官山から「移住」させてしまいました。さらには、水口会長自身も東京にあった自宅を引き払い、夫婦ともどもニセコ町へ移住。ニセコ町が土地を用意し、子会社の本社移転とグループ代表の移住にもつながった企業誘致としては、過去にない成功例といえるかもしれません。水口会長のこの原動力は何だったのでしょうか?どうしてここで事業をしようと思ったのか、インタビューしてみました。

PAGE TOP